神奈川県漢詩連盟        

        一緒に漢詩を作り、漢詩を楽しみませんか      
             あなたは アクセスカウンター 人目のお客様です

   
 神奈川県漢詩連盟
とは
 連盟からのお知らせ 開催行事  漢詩初心者入門講座
次年度日程決定
 エッセイ:漢詩と私
城田六郎さん
 漢詩募集中の漢詩大会
トピックス
中国語による上の詩の朗読朗読
金港こんにゃく問答
漢詩初お目見え
(初心者用作詩講座)
開催中の講座の紹介
漢詩サークル
 会員からの寄稿
大森冽子さん
特別寄稿
会員の作品
柴本信子さん
フォト&漢詩
講演会
漢詩鑑賞
会報:漢詩神奈川 
詩作り参考書の紹介
漢詩作りに有用な
サイト

入会案内と申込
お問合せ 
リンク
鈴木栄次氏画
 

  上の漢詩鑑賞

これまでの漢詩鑑賞は全て「漢詩鑑賞」欄に掲載されています


    【通釈】 起句 春の雪が空いっぱいに降って来て
        承句 雪が付着して、いたる処花が咲いているようだ。
        転句 いったい、庭の木々のうち、
       結句 どれが本当の梅なのだろう。
          まだ眠っていないことでしょう。

    【語釈】
春雪  春に降る雪。
       空   ①むなしい。何もない。
          ②そら、天空、天空には何もないからいう。

       園裏樹   庭園の木。裏は中。
       若箇(ジャクコ) いずれ、どれ。

    【押韻】 平声、灰韻。來、開、梅。
       五言絶句は普通承句と結句に押韻するが、この詩のように起句も押韻することがある。

    【解説】 東方虬(生年・卒年不詳)は初唐の人。則天武后に仕え詩を良くした。次のような逸話
       逸話がある。
       則天武后が洛陽の南の龍門に遊んだ時、扈従の群臣に詩を作れと命じたところ、東方虬
       が最初に作ったので褒美として錦の袍(上着)を賜った。ところが次いで宋之間の詩が出
       来ると、その出来ばえのすばらしさを賞し武后は、東方虬から袍をとりあげて宋之間に
       賜ったと。
       二人が当時を代表する詩人であったことが伺える。
       此の詩は、春の思いがけない降雪を、何もない空に満ちて降って来ると表現し、湿りを
       含み触れるものに付着し易い春雪を表現するに、どれが本当の梅の花かと問いかけると
       いう手法で、簡潔かつ美しく春雪に装う庭の風情を詠じた佳作といえます。
                                      (玉井幸久)