神奈川県漢詩連盟        

        一緒に漢詩を作り、漢詩を楽しみませんか      
             あなたは アクセスカウンター 人目のお客様です

   
 神奈川県漢詩連盟
とは
 連盟からのお知らせ 開催行事  漢詩初心者入門講座  エッセイ:漢詩と私
城田六郎さん
 漢詩募集中の漢詩大会
トピックス


中国語による上の詩の朗読朗読
金港こんにゃく問答
漢詩初お目見え
(初心者用作詩講座)
開催中の講座の紹介
漢詩サークル
 会員からの寄稿
大森冽子さん
特別寄稿
会員の作品
柴本信子さん
フォト&漢詩
講演会
漢詩鑑賞
会報:漢詩神奈川 
詩作り参考書の紹介
漢詩作りに有用な
サイト

入会案内と申込
お問合せ 
リンク
鈴木栄次氏画
 

  上の漢詩鑑賞

これまでの漢詩鑑賞は全て「漢詩鑑賞」欄に掲載されています


    【通釈】 起句 中庭の地面は月光を受けて白く輝き、庭の樹上では 鳥がねぐらについている。
        承句 ひややかな露が音も無く結び、木犀の花を濡らしている。
        転句 こよい、さえわたったこの満月を人は皆眺めているのだろうけれど、
       結句 (私と同じように)秋の夜のもの思いにふけているのはどこのどんな人であろうか。
          (貴方はどうであろう。)

    【語釈】
中庭  なかにわ。

       冷露  ひややかな露。 露は月光の雫によって結ばれるとされていた。

       桂花  木犀(もくせい)の花。月世界にも生えているとされる。

       愁思  秋のもの思い。


    【押韻】 平声、麻韻。鴉、花、家。

    【解説】  王建(755?‐831?)、字は仲初。中唐の詩人。
        穎川(えいせん)(河南省)の人。大曆十年(775)進士及第。 楽府体の詩にすぐれ、宮中の女性
        の心情をうたった宮詞一百首で有名。
        この詩の詩題は、全唐詩では「十五夜望月寄杜郎中」となっている。 従ってここでは、作者が
        八月十五夜の明月を愛でながら友人の杜某を懷かしむ詩として鑑賞する。
        皓皓とさえわたる月光を、地面に照りはえる白い光と、それに影を落とす庭木、更に香り高い
        木犀に結ぶ露によって、間接的に美しく詠じ、そのあたかも月世界のような静けさの中で、 独り
        秋のもの思いにふけりつつ友を思うという、しみじみとした情景を余韻を残しつつ美事に吟じた
        名作です。
                                      (玉井幸久)