神奈川県漢詩連盟     

           漢詩講演会:11月13日(水)神奈川近代文学館で開催,聴講無料 

        一緒に漢詩を作り、漢詩を楽しみませんか      
             あなたは アクセスカウンター 人目のお客様です

   
 神奈川県漢詩連盟
とは
 連盟からのお知らせ 開催行事
漢詩講演会
11月13日(水)14時~16時
漢詩初心者入門講座
次回は来年4月
 エッセイ:漢詩と私
城田六郎さん
 漢詩募集中の漢詩大会
トピックス
中国語による上の詩の朗読朗読
金港こんにゃく問答
  漢詩初お目見え 
 
(初心者用作詩講座)
開催中の講座の紹介
漢詩サークル
 会員からの寄稿
新井治仁さん
特別寄稿
礒野衞孝さん
会員の作品
柴本信子さん
フォト&漢詩
講演会
漢詩鑑賞
会報:漢詩神奈川 
漢詩作り参考書の紹介
  漢詩作りに有用な
  サイト
七絶推敲表
平仄・韻等チェック
(会員専用)
入会案内と申込
お問合せ 
リンク
鈴木栄次氏画
 

  上の漢詩鑑賞

これまでの漢詩鑑賞は全て「漢詩鑑賞」欄に掲載されています


    【通釈】 起句 香ぐわしい地名の蘭陵で醸(かも)される美酒(うまざけ)は、鬱金香のかおりを
          放つ、その名も鬱金香。
        承句 美しい杯になみなみと注げば、琥珀色に光りかがやく。
        転句 この家のあるじが、この酒で旅人の私を十分に酔わせてくれさえすれば(酔わせ
          てくれるので)
       結句 いったいどこが他国なのであろうか。故郷にいるのと少しも変らない。

    【語釈】
客中  旅の途中、旅行中。
       蘭陵  地名。今の山東省。嶧県の東。酒の産地。
       鬱金香  香草の名。一説にサフランの漢名とも。又、この香草の香りを加えて醸した
            酒の名。

       玉椀  美しい杯。
       琥珀  植物の樹脂が地中に埋れて化石化したもの。透明又は半透明で黄や褐色の美し
           い色彩を帯びる。
       主人  あるじ。
       客   旅人。ここでは李白自身をいう。
       但   ただ・・・しさえすれば。
       他郷  よその土地。故郷以外の土地

    【押韻】 平声、陽韻。香、光、鄕。

    【解説】 李白(701‐762)は盛唐の人。杜甫と並んで中国を代表する代表する大詩人。
       酒を好み詩仙と称せられた。詩風は豪放。
       開元二十四年(736)三十六歳の時、李白は山東に行きその地に寓居し、孔巣父、裴政、
       張叔明、韓準・陶沔らと徂徠山で会合し、酒をほしいままに飲み、「竹渓の六逸」と
       号し、隠逸の生活を送った。この詩はその頃の作とされる。
       詩の構成は、先ず起句に蘭陵という香り高い地名(蘭は香草)と鬱金香(香草)を配し、
       承句には、玉と琥珀という美しい宝石を配して潑溂とした生気を醸し、転句の「醉」と
       結句の「不知」と相呼応して作者の豪放な酔い振りをうかがわせる、いかにも李白らし
       い作品。李白壮年時代の傑作の一首です。
                                      (玉井幸久)