神奈川県漢詩連盟        

        一緒に漢詩を作り、漢詩を楽しみませんか      
             あなたは アクセスカウンター 人目のお客様です

   
 神奈川県漢詩連盟
とは
 連盟からのお知らせ 開催行事  漢詩初心者入門講座  エッセイ:漢詩と私
城田六郎さん
 漢詩募集中の漢詩大会
トピックス
中国語による上の詩の朗読朗読
金港こんにゃく問答
漢詩初お目見え
(初心者用作詩講座)
開催中の講座の紹介
漢詩サークル
 会員からの寄稿
大森冽子さん
特別寄稿
会員の作品
柴本信子さん
フォト&漢詩
講演会
漢詩鑑賞
会報:漢詩神奈川 
詩作り参考書の紹介
漢詩作りに有用な
サイト

入会案内と申込
お問合せ 
リンク
鈴木栄次氏画
 

  上の漢詩鑑賞

これまでの漢詩鑑賞は全て「漢詩鑑賞」欄に掲載されています


    【通釈】 起句 たまたまちょうどこの秋の夜、あなたのことを思いつつ、
        承句 そぞろ歩きをしながら、涼しくひろがる天に向って詩を口ずさんでいる。
        転句 人気のない静かな山中では、時おりカサッと松かさの落ちる音がきこえるばかり
       結句 ひっそりと、山中に隠棲しているあなたもきっと(松かさの落ちる音を聞きながら)
          まだ眠っていないことでしょう。

    【語釈】
丘二十二員外
           作者の友人丘丹(きゅうたん)のこと。二十二は排行で一族中の兄弟いとこを
           年齢順に並べ上から22番目を示す。
           員外は官名。丘丹は戸部員外郎となったが、早くに辞職し浙江省、臨平山に
           隠棲した。

       屬秋夜 ちょうど秋の夜である。
           屬は、ちょうど・・・である。たまたま・・・である。

       散歩  そぞろあるき、ぶらぶらあるき。

       山空  空山は、人けのないさびしい山。

       松子  松かさ。

       幽人  世を捨てて隠れて棲んでいる人。隠者。ここでは友人丘丹を指す。

       應   「まさに・・・べし」と読む。推量の意を表す。

    【押韻】 平声、先韻。天、眠。
       起句は拗体。二四同。四字目孤平。

    【解説】 韋應物(737?‐?)は中唐の人。若いころは任侠を好み、玄宗皇帝の護衛兵と
       なった。安禄山の乱で失職してからは勉学に努め官途についた。官の最終は蘇州
       刺史(長官)で人望を集めた。引退後は蘇州に留り、韋蘇州と呼ばれた。
       人物は天性高潔で詩作に優れていた。詩風は王維、孟浩然の流れをくみ、柳宗元と
       併せて「王孟韋柳」と称せられる。特に山水の世界を詠じた清冽、閑寂の詩が多い。
       この詩は、作者が蘇州刺史であった時、浙江の臨平山に隠棲していた友人の丘丹に
       寄せたもので、韋應物詩を代表する名作で、古来幽絶を歌う絶品と評されている。
                                      (玉井幸久)