神奈川県漢詩連盟     初心者入門講座受講生募集中       

        一緒に漢詩を作り、漢詩を楽しみませんか      
             あなたは アクセスカウンター 人目のお客様です

   
 神奈川県漢詩連盟
とは
 連盟からのお知らせ 開催行事  漢詩初心者入門講座
受講生募集中
ここから申し込めます
 エッセイ:漢詩と私
城田六郎さん
 漢詩募集中の漢詩大会
トピックス
中国語による上の詩の朗読朗読
金港こんにゃく問答
漢詩初お目見え
(初心者用作詩講座)
開催中の講座の紹介
漢詩サークル
 会員からの寄稿
新井治仁さん
特別寄稿
会員の作品
柴本信子さん
フォト&漢詩
講演会
漢詩鑑賞
会報:漢詩神奈川 
詩作り参考書の紹介
漢詩作りに有用な
サイト

入会案内と申込
お問合せ 
リンク
牛山香流氏画
 

  上の漢詩鑑賞

これまでの漢詩鑑賞は全て「漢詩鑑賞」欄に掲載されています


    【通釈】 起句 雨の降る前に、花は蘂がやっと見える程に開いたばかりであったのに、
        承句 雨があがって見ると、もう茂った葉の中に花は全く無い。
        転句 蝶がひらひらと飛んで来たが、かきねを過ぎて行ってしまった。
       結句 ふと思う、春景はもう隣の家に行ってしまったのだろうかと。

    【語釈】
初   はじめて。…したばかりの意。
       蘂   しべ、花蕊。
       兼   この場合は尽の意。無を強調したもの。
       蛺蝶  ①蝶の総称。②あげは蝶。
       牆   かきね。
       卻疑  ふと疑う。卻はそのようなことはないのにの意。
       春色  春の景色

    【押韻】 平声、麻韻。花、家。起句は踏み落とし。
       この詩のように、起句、承句が対句の場合、多くは起句を踏み落とす。

    【解説】 王駕は晩唐の人。字(あざな)は大用。昭宗の大順元年(八九〇)進士及第。自ら
       守素先生と号した。
       此の詩は、庭の春景色の移ろいの様子を軽妙なタッチでさらりと詠じたもので、
       読後にさわやかなあと味をのこしてくれる佳作です。
       尚この詩は、三体詩、連珠詩格に詩題を晴景として採録されているが、ここでは
       全唐詩に從い「雨晴」を採用した。
                                      (玉井幸久)