連盟からのお知らせ

 明海大学名誉教授 市川桃子先生による漢詩講演会 「遠い友 心の旅」の開催
 
平成30年11月6日(火)、14:00−16:00に神奈川近代文学館で開催されます。入場無料でどなたでも聴講できます。ご友人等お誘いの上お出かけください。詳細はトピックス欄をご覧ください。


 平成30年度扶桑風韻漢詩大会で神奈川漢詩連盟から3名の方が入賞されました。
  
受賞者および作品は「トッピクス」欄をご覧ください。

 会報:漢詩神奈川第23号が発刊されました。

  本ホームページの「会報:漢詩神奈川」欄をご覧ください。 


  平成30年度初心者入門講座修了生による漢詩作りサークル「干支会」が発足
 
12期生によるサークル、干支会が6月6日に結成され、代表には安田茂さんが選出されました。

  5月30日(水)午後1時より平成30年度の神奈川県漢詩連盟の総会・講演会・懇親会が開催されました。
 
平成29年度の事業報告や平成30年度の事業計画などが審議され、総会終了後3時より全日本漢詩連盟会長石川忠久先生による特別講演「白楽天の詩と人生」がありました。講演会終了後は懇親会が開催されました。
詳細はトピックスをご覧ください。石川先生の講演が聴講できるようになっています。

 
  4月20日(水)より初心者入門講座が開始されました。
 
平成30年度の29年度の初心者入門講座が横浜の神奈川近代文学館で開始され、5回にわたる講座が行われています。詳細はトピックス初心者入門講座をご覧ください。


 
  サークル交流会が3月29日に神奈川近代文学館で開催されした。
 
初心者入門講座等を終了した12のサークルで作った漢詩に対して各サークル代表者によるバトルが行われた後、各サークルの漢詩に対しては全日本漢詩連盟評議員の河野光世先生による批正が行なわれました。詳細はトピックスをご覧ください。


 
  平成29年度初心者入門講座修了生が漢詩作りサークル「詩林会」を結成
 
同講座を修了した11期生によるサークル、詩林会が結成されました。
早速第1回例会が平成29年12月13日に開催されました。サークルの抱負とメンバーはトピックスに掲載されています。



   神漢連会員 全国漢詩大会で大活躍
 
平成29年度全日本漢詩大会 愛知大会、第22回全国ふるさと漢詩コンテスト、第2回漱石記念漢詩大会および第9回諸橋徹次博士記念漢詩大会で多数の会員入賞されました
 入賞者の皆様おめでとうございます。入賞作品はトピックスに掲載されています。


 明海大学名誉教授 市川桃子先生による講演会 「蓮の花の運命」が平成29年12月6日(水)に開催
  
盛会のうちに終了しました。詳細はトピックスをご覧ください。講演も聴講できるようになっています。


 平成29年度の研修会(神漢連会員)が11月8日(水)と14日(火)に開催
  
詳細はトピックスをご覧ください。


 神奈川県漢詩連盟九詩期会主催中国江南漢詩ツアー実施
  
多くの成果を得て無事帰国いたしました。帰国報告はトピックスに掲載されています。


   平成29年度の初心者入門講座の11期の修了生により8月30日に漢詩学習の13番目のサークルが結成さる
  
トッピックをご覧ください。


   平成29年6月16日に逝去された本連盟の田原健一前副会長の追悼文と追悼詩を掲載
  
トピックスをご覧ください


   会員のほとんどが本連盟会員である鎌倉漢詩会が5月29日に吟行会を開催
  
その詩集を発行しました。トピックスをご覧ください。


   トップページの左側の項目に「漢詩作りに有用なサイト」を新設
  
是非漢詩作りの際にご利用ください。


   事務局移転のお知らせ
  
平成29年7月1日より連盟の事務局が下記に移転いたしました。

   神奈川県漢詩連盟事務局
   〒243-0412 神奈川県海老名市浜田町16−9 高津有二方  Fax 046-233-7641


   平成29年度神奈川県漢詩連盟総会と石川忠久先生による特別講演開催盛会のうちに終了しました
  6月21日(水)午後1時より平成29年度当連盟の総会が開催されました。総会終了後の3時から全日本漢詩連盟会長の石川忠久先生の特別講演(演題:陸游の詩)が行われました。総会および。石川先生の特別講演の様子はトピックス(ここをクリックする)に掲載されています。また特別講演の聴講もできます。



  漢詩鑑賞講座Bが5月より新テキスト「唐宋箋注 聯珠詩格」を使用して開講されました。
  漢詩鑑賞講座Bはこれまで「唐詩選図本」をテキストして、その鑑賞を行ってきましたが、3年でその中の七言絶句の鑑賞を終了しましたので、平成29年5月26日(金)より「唐宋箋注 聯珠詩格」の鑑賞が始まりました。対句の漢詩づくりに関心のある方に聴講をお勧めします。詳細はトップページの「講座等のお知らせ」をご覧ください。


   神漢連創立10周年記念漢詩大会・漢詩フェスティバル:盛況のうちの終了することが出来ました。
  
この様子はトピックスに写真を入れて紹介しておりますのでご覧ください。また石川忠久先生の特別講演も聴講できるようになっています。
 ご支援、ご協力いただいた諸機関、新聞社、中華街、日中協会等、また参加してくださいました一般の皆様方に深く御礼を申し上げます。


   神漢連創立10周年記念グッズトートバック完成
  本連盟の創立10周年事業の一つであるトートバックが完成し、頒布(実費1500円+送料)が始まりました。トートバックの一面には全漢詩連盟会長の石川忠久先生揮毫の静夜思が、他面には本連盟の田原健一副会長の墨画が印刷されています。トピックスにトートバックスの写真が掲載されていますのでご覧ください。
  なお頒布ご希望の方は事務局(本ホームページのお問い合わせからでも可)にご一報ください


   本連盟会員全国各地の漢詩大会で入賞
  本連盟の会員諸氏が第8回諸橋轍次博士記念漢詩大会、第1回漱石記念漢詩大会in熊本、および第19回全国ふるさと漢詩コンテスト(佐賀県多久市)で入賞されました。入賞された皆様にはお祝いを申し上げます。なお入賞作品はトピックスに掲載されています。


   磯野衞孝氏の特別寄稿
  本連盟会員の磯野衞孝氏が「福沢諭吉の漢詩について」を投稿してくださいました。是非特別寄稿からご一読ください。

 
   平成28年度発足の2つの新漢詩サークル
  平成28年に開催された詩吟吟社「千代田岳精会」会員の「千代田岳精会漢詩教室」の修了生が継続して詩作を学ぶため「千代田岳精会漢詩研究部」を結成しました。また平成28年度初心者講座修了生も「十期会」を結成しました。両漢詩サークルの開催日、時間等は「漢詩サークル」に掲載れています。
 一般の皆様で両サークルを含めこれまでに結成されているサークルに入って詩作の学習に関心をお持ちの方は事務局までご連絡ください。
 
    
   神奈川県漢詩連盟創立10周年記念行事
 ・ 神奈川県漢詩連盟創立10周年記念式典: 
会員100余名の参加をえて盛会のうちに終了いたしました。
                        式典等の様子はトッピクスをご覧ください。
    日時: 平成28年10月19日(水) 午後1時00分〜午後6時30分
    場所: 神奈川県立近代文学館
    実施内容: 記念式典、定期総会、講演会、展示(自詠自書、フォト漢詩等)、懇親会(中華街中華飯店)
            神奈川県漢詩連盟10年史・記念会報の発行、神奈川漢詩紀行の発行、
            
 ・ 漢詩大会・漢詩フェスティバル
    日時: 平成29年3月16日、17日開催
    場所: 横浜開港記念館
    実施内容: 漢詩大会、講演会、展示(自詠自書、フォト漢詩等)、漢詩で遊ぼう、漢詩グッズの頒布
 
 

 神奈川県漢詩連盟叢書「歩こう神奈川、漢詩八十景」発刊さる
 
連盟の創立十周年事業の一つとして企画された「歩こう神奈川、漢詩八十景」が発刊されました。トピックスにその写真が掲載されていますのでご覧ください。
  なおこの叢書の頒布(実費2000円+送料)ご希望の方は事務局(本ホームページのお問い合わせからでも可)にご一報ください。

 
 
 神奈川県漢詩連盟の会報神奈川第20号、「特別記念号」として発刊さる
  連盟の創立十周年事業の一つとして企画され、「特別記念号」として発行されました。連盟の設立から現在に至るまでの十年の歩みが詳細に記述されています。トピックスに記念号の写真が掲載されていますのでご覧ください。



 ●
 
 
会員の「研修会」が8月25日にIグループ(15名)、平成28年8月31日にIIグループ(16名)と2組に分けて行われました。研修会での優秀作品および作者の言葉はトピックス欄に掲載いたしました。




元神漢連理事の磯野衞孝先生が「唐宋聯珠詩格」を神漢連に寄贈してくださいました。寄贈に際しての先生のお手紙と寄贈本の写真はトピックス欄に掲載されています。



 
 
千代田岳精会の漢詩入門講座および第10回初心者入門講座が修了し、新たに漢詩サークルが千代田岳精会漢詩教室および十期会が発足しました。両サークルの詳細は「漢詩サークル」の欄をご覧ください。


 

平成28年度吟行会は5月12日(木)実施され、盛会のうちに終了しました。吟行会の様子はトピックス欄に掲載されていますここをクリックしてください。

  
 
 
静岡県主催「富士山漢詩コンテスト」で本連盟会員大活躍
 静岡県は、平成28年2月23日を「富士山の日」と条例で定め、富士山を想い、考え、学ぶ「富士山の日」運動を推進しており、このたび、「富士山」または「富士山に関わるもの」をテーマとした漢詩を公募する「富士山漢詩コンテスト」を開催されました。応募数435首で受賞作品は46首で、本連盟からは下記の7名の方が受賞されました。おめでとうございます!
なお、受賞作品はトップページの項目「会員の作品」に掲載されておりますのでご覧ください。
  秀作:小嶋明紀子さん、高津有二さん、吉岡昭夫さん
  佳作:嶋内隆行さん、室橋幸子さん
  入選:川上修己さん、城田六郎さん